FC2ブログ

ともりのハナ笛

鼻歌気分で、ルルのル~♪


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涼しくなったのと、少し仕事に余裕ができたのとで、最近モノを考える時間が増えています。
考えすぎてドツボに嵌まることも多々あれど、せっかく「思考する力」を持ってるのだから考えたい

行動範囲も少しずつ広まりつつあり、久かたぶりに「ともりらしく」なったなぁと思う。

しかし、ここで我ふと思う。
「らしい」とは何ぞや

インテリアの勉強会でMちゃんから聞いたル・コルビュジエ展」に行ってきました
「テキストの上で踊る文字」だったコルビュジエが「ともりの尊敬する人」として起き上がりました。
若き頃の旅で彼の受けた衝撃と、彼の一生をかけて貫いた「自然」や「光」と共に生きるための建築への思いがひしひしと伝わりました。良い展示でした。

気軽に立ち寄った所蔵展示「戦争と美術」
さらに大きな衝撃を受け、考えさせられました。

その後は、お決まりどおり、行きつけの「鞄屋」「靴屋」「シャツ屋」を足早に回ります。
良いものを自信を持って扱っておられるお店のみなさん。
「人となり」も、とても素晴らしい。
お話をしていると勉強になるし、本当に楽しくてついつい長居をしてしまいます。

友人マダムと待ち合わせて、おいしいスペイン料理屋さんへ
ここも本当に良いお店でした
マダムも本当に尊敬すべき友人の一人。
深い考察、広い知識、強い信念、そしてあったかい心をもってるなぁと感心する。

そして昨日のともりは訳あって浮世絵展に行ってたりする。
美術館の横には、都会の喧騒を忘れる、森のような公園
人々が行きかう公園のジョギングコースの真ん中で、小学生の女の子が駄々をこねて、母親に叱られている様子。通り過ぎて、戻ってきたら同じ場所で、まだ頑張ってる
にらみ合ったままお母さんは子供に歩み寄ろうともしないし、話はちっとも変わっていない。

一緒に居た友人が言った「強情な子だ。でも人前で子供を叱れる親ってまだ居るんだね

なんだか違う気がした
あのお母さんは子供を「叱って」なんかいないんじゃない?

自分らしく生きる
「自分勝手」ではなく「信念を貫く」ってこと
そして何かひとつでも人のためになれたらいい。

今日は、駆け足の一週間を癒すのんびりな日曜日でした
スポンサーサイト

コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://sawasawatomotomo.blog94.fc2.com/tb.php/189-ec0f9eb6
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。