ともりのハナ笛

鼻歌気分で、ルルのル~♪


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「赤」はともりの大好きな色です。
一口に赤といっても、幅が広いけどね。「朱赤」「緋色」「臙脂色」「血色」などなど、どれも「赤」の範疇に入ると思われます。
目にも鮮やかな「赤」のグループは、なんだか「人を元気にさせるカンフル剤のような力」を持ってる
「血」も赤ですから、感化されちゃって騒ぐし温まるんでしょうね

そんなともりは最近、妙に「赤」づいています
今月のお花ri-su
クリスマス近しということで、「赤」が盛りだくさんのリースです
ざくろっぽい実や、オレンジに染まった木の実、可愛らしいコロコロたちをぎゅーっと。
先生、相変わらずセンスいい

大人な赤もnu-bo-
雨交じりの寒さ厳しい仕事帰り
行きつけのカフェのボードに誘い文句
ついつい惹かれて一人で呑んじゃいましたボジョレー・ヌーボー
フルーティーで若さあふれる芳香ほろ酔い加減で、うふふん

そして。
今日は「赤い壁」レッドクリフ

内容も俳優さんも、重厚感がありました。ストーリーの裏にはいろんな世界観が盛り込まれてます。
国の境を海で分けることのできない「大陸」に生きる人たちは、島国にすむ私たち「日本人」とは確実に、何かが違う気がします。
信念とか、処世術とか、学ぶべき「厳しさ」があります。

しかし非常にお恥ずかしながら、世界史にかなり弱いともり
こんなに有名な「三国志」の世界もよく知りません。
今度、気合い入れて読んでみなくちゃです。
基礎知識をもって見ると、映画からも、もっと深い意味を感じることができると思います。

昨日に引き続き、若い頃の不勉強を反省反省
スポンサーサイト

コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://sawasawatomotomo.blog94.fc2.com/tb.php/256-1f425047
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。